ここから本文です

『葉加瀬太郎サマーフェス』囲み取材会開催!「僕も50歳、50度を超えるステージで音楽をやるのは大変です」(葉加瀬)

7/12(木) 22:09配信

M-ON!Press(エムオンプレス)

■「暑い中でスーツを着てパフォーマンス! 観客の皆さんは苦しいことをする僕らを見たいのかも」(ゴスペラーズ 村上てつや)
本日7月12日、都内にて『葉加瀬太郎サマーフェス’18~50thanks evolution~』の囲み取材会が行われた。

【詳細】ゴスペラーズのコメント動画はこちら

これまで『熱帯野音』(2001年)、『情熱大陸スペシャルライブ』(2002年~)として開催されてきた葉加瀬太郎主催の音楽フェス。今年は葉加瀬が50歳になったのを機に、名前を『葉加瀬太郎サマーフェス’18』と変えて行われる。

会見には、葉加瀬太郎、小柳ゆき、ゴスペラーズが出席。

葉加瀬は「正直ここ5、6年、そろそろ5月ぐらいにしない? とスタッフに言っています(笑)。僕も50歳、ものすごく暑くて体力を消耗するんですよ。昼の2時頃は、ステージ上が50度を越える。そこで音楽をやるのは大変です」と胸中を吐露。これを受けて村上てつやは「暑い中でスーツを着てパフォーマンス! 観客の皆さんは苦しいことをする僕らを見たいのかも」と笑いを誘った。

このイベントは、出演アーティスト同誌のコラボレーションも目玉のひとつ。

ゴスペラーズは、2005年に村上と酒井雄二が鈴木雅之のステージに参加。ラッツ&スターの扮装で「め組のひと」を歌い、大評判となった。翌年は、ゴスペラッツとして登場。ゴスペラーズとしては2012年から3年連続で参加した。

村上が「マーチンさん(鈴木雅之)に『ラッツ&スターの曲をやろう」』と誘われたのが2005年。あまりに評判がよく、ゴスペラッツが誕生しました。まず、打ち上げが楽しすぎるんです! 深イイ話がたくさん聞ける」と語ると、葉加瀬は「今では前夜祭まである。レーベルや事務所を超えて、アーティストが一緒にやることで次につながればうれしい」とご満悦。

初参加となる小柳ゆきは「デビューしてすぐ、アルバムで葉加瀬さんに弾いていただいた曲があり、ずっとお会いしたかった」とコメント。葉加瀬も「今回、僕がヴァイオリンを弾き、ゆきちゃんにセリーヌ・ディオンの『To Love You More』を歌ってもらいます。僕がセリーヌとツアーして100回以上弾いた思い出の曲」と共演を喜んだ。

さらに、葉加瀬が「ゴスペラーズにはトム・ジョーンズの『Love Me Tonight』を歌ってもらいたい。トムは70年代のセックスシンボル。セクシーに行こう!」と宣言すると、黒沢薫は「初耳です! 関根勤さんのパロディ風が理想ですが頑張ります」と快諾。

また、安岡優は「藤井フミヤさんからチェッカーズをやろうと言われまして。我々はチェッカーズ世代ですからね。1991年の『ミセスマーメイド』を一緒に歌います。かなりレアなステージになるはず」と意気込んだ。

そして、最後に葉加瀬が「お客さんを主役として、ピクニック気分で我々の音楽を楽しんでいただく。夏休みの一日を家族や友達と過ごして欲しいですね!」と締めくくった。

『葉加瀬太郎サマーフェス’18~50thanks evolution~』は、7月28日に大阪・万博記念公園もみじ川芝生広場、8月4日と5日に東京・葛西臨海公園 汐風の広場で行われる

PHOTO BY 伊ケ崎忍

イベント情報
葉加瀬太郎サマーフェス’18~50thanks evolution~
07/28(土)大阪・万博記念公園もみじ川芝生広場
08/04(土)東京・葛西臨海公園 汐風の広場
08/05(日)東京・葛西臨海公園 汐風の広場

葉加瀬太郎サマーフェス’18~50thanks evolution~ OFFICIAL WEBSITE
http://tarofes.com/

Yahoo!ニュースからのお知らせ