ここから本文です

「Magic Leap One」の開発者版はNVIDIAの「Tegra X2」搭載で今夏出荷

7/12(木) 9:11配信

ITmedia NEWS

 MR(複合現実)プラットフォームを手掛ける米Magic Leapは7月11日(現地時間)、MRメガネ「Magic Leap One」の開発者モデルを今夏に出荷すると発表した。Twitchでのライブ「A Closer Look at Magic Leap One」で搭載CPUについてなどについても説明した(記事末にYouTubeで公開された録画を転載)。

【その他の画像】

 同社は昨年12月、開発者モデルを2018年中に出荷すると予告していたが、具体的なスペックは明らかにしていなかった。

 Magic Leap Oneはメガネのようなヘッドセット「Lightwear」、コントローラー、腰などにつるしてLightwearと接続するコンピューティング端末「Lightpack」で構成される。Lightpackに搭載するSoCは、米NVIDIAの「Tegra X2」。

 この動画では、SDKのデモも披露された。部屋の表面を自動的に解析し、例えばソファーの上にモンスターを置き、モンスターが岩の塊を投げつけてきたりする様子が紹介されている。

 同日、米AT&TがMagic Leapと米国での独占的顧客サービスと出資を発表した。AT&Tは製品版Magic Leap Oneを販売し、コンテンツのためのネットワークを独占的に提供する。AT&Tは発表文で「われわれはエンターテインメントとネットワークの将来を提供している。この提携は5Gネットワークをリードするわれわれによる、新たな機会と経験を生み出す」としている。

 製品版Magic Leap Oneの価格はまだ発表されていないが、Magic Leapのロニー・エイボヴィッツCEOは2月、「ハイエンドPC並みになる」と語った。

ITmedia NEWS

最終更新:7/12(木) 9:33
ITmedia NEWS

Yahoo!ニュースからのお知らせ