ここから本文です

au Design projectの新型ケータイ「INFOBAR xv」、2018年秋に発売

7/12(木) 11:02配信

ITmedia Mobile

 KDDIが7月12日、au Design projectの新型ケータイ「INFOBAR xv(エックスブイ)」を発表。2018年秋に発売する。初代「INFOBAR」の発売から15周年を記念したモデルで、今回もプロダクトデザイナーの深澤直人氏がデザインを手掛けた。メーカーは京セラ。

シンプルな背面の写真

 INFOBARは2011年6月に発売した「INFOBAR A01」を皮切りに、スマートフォンとして4機種が登場したが、INFOBAR xvはスマートフォンではなく、Androidベースのフィーチャーフォン。フィーチャーフォンとして登場するのは、2007年12月に発売した「INFOBAR 2」以来、約11年ぶりとなる。製品名の「xv」はローマ数字の「15(XV)」に由来しており、「15周年」の意味が込められている。

 カラーはINFOBARの象徴ともいえる「NISHIKIGOI(錦鯉)」と、「NASUKON(茄子紺)」「CHERRY BERRY(チェリーベリー)」の3色を用意した。ソフトウェアやパッケージ、SIMピンもINFOBAR独自のものを提供する。

 INFOBAR/INFOBAR 2と同様のストレート型で、画面下にはタイル形状のテンキーを配置。INFOBAR xvではさらに、キーの側面にフレームがない「フレームレステンキー」に進化。無駄がなくスッキリとした印象を与えている。深澤直人氏がデザインした卓上ホルダも付属しており、充電中に画面に時刻を表示させることで置き時計としても利用できる。

 独自機能として、Bluetoothで連携したスマートフォンの音声アシスタントを呼び出せる。INFOBAR xvに話しかけることで、SiriやGoogle アシスタントなどを呼び出せるという。

 ディスプレイは3.1型のワイドVGA(480×800ピクセル)液晶を搭載。本体サイズは約48(幅)×138(高さ)×14(奥行き)mm。背面に有効約800万画素のカメラを搭載する。

 「LINE」アプリをプリインストールしている他、これまでスマートフォン専用だった「+メッセージ」も特別に対応させた。LTEの通信速度は下り最大150Mbps。VoLTEやテザリングも利用できる。一方、ワンセグ、おサイフケータイ、防水、赤外線通信には対応していない。

 INFOBAR xvは、2017年7月に実施した、au Design project 15周年記念展覧会「ケータイの形態学 展」の来場者や、WebやSNS上で挙がったファンの声が後押しとなって開発が決定した。こうしたファンがいち早く実機に触れられるよう、2018年10月31日から11月12日まで「INFOBAR 展(仮)」を、21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー3(東京都港区赤坂)にて開催する。

1/2ページ

最終更新:7/12(木) 11:02
ITmedia Mobile

Yahoo!ニュースからのお知らせ