ここから本文です

Nintendo Switch版「夜廻と深夜廻 for Nintendo Switch」発売決定

7/12(木) 15:00配信

Impress Watch

 日本一ソフトウェアは、Nintendo Switch用ホラーアクション「夜廻と深夜廻 for Nintendo Switch」を10月25日に発売する。価格はパッケージ版、ダウンロード版共に6,980円(税別)。

【この記事に関する別の画像を見る】

 本作は、2015年10月に発売されたPlayStation Vita用タイトル「夜廻」と、その続編となる、2017年8月に発売されたPS Vita/プレイステーション 4用タイトルの「深夜廻」をひとつのパッケージに収めたもの。「夜に潜む恐怖」をテーマに、夜道を探索するホラーアクションゲームだ。少女は夜の闇の中に消えた大切なものを探して、幾度となく夜の街に繰り出していく。今回は、ゲームの世界観やストーリー、主人公の少女たちを紹介する。

■不気味なお化けから逃げ回る原点のタイトル「夜廻」【「夜廻」ものがたり】

幼い少女は飼い犬を連れ、
赤く染まった夕暮れの道を散歩していました。
しかし、彼女の不注意によって犬は事故に合い、
どこかへいなくなってしまいます。

空っぽのリードを引いて帰ってきた少女を見た姉は、
犬を探しに外へ飛び出していきました。
ひとり残された少女も遅れて家を出ますが、
そこに広がっていたのは、見知った昼間と違う顔をした、
不気味な夜の街でした……。

■消えた愛犬ポロを探すために、姉と2人で不気味な夜の街を探索

 プレーヤーは消えた愛犬・ポロと姉を探す少女となり、不気味な夜の街を探索する。街の中には少女の自宅や公園、古い学校、さびれた商店街などが存在し、所々に発見やイベントがあり、様々な場所を訪れて、愛犬と姉の手がかりを探していく。

【ゲームの流れ】

【探索する】
【「?」と「!」】

■出没する「お化け」たち

 夜道には様々な姿形をした“お化け”が出没する。お化けの多くは悪意や敵意を持っており、少女を見つけると襲ってくる。お化けたちに見つからないように、探索を進めていこう。

【街灯下の影】
【子供の霊】
【道ふさぎ】
■主人公がドキドキすると、画面が脈打ち、行動に制限が入る「心臓音システム」

 お化けが近くにいると、少女の心拍数が上がり、心臓音と共に画面が脈打ち始める。心臓音が鳴っている間は長い距離を走れなくなったり、一部の行動にも制限がかかる。お化けの中には普段は目に見えないものもいるので、心臓音が聞こえ始めたら注意しなければならない。

【隠れる】
■「夜廻」のシステムを踏襲しつつ、新たな要素を加えた「深夜廻」【「深夜廻」ものがたり】

夏休みが終わるころ。
ふたりの少女は裏山へ、花火を見に出かけました。

しかし、夜が更けるにつれ、帰り道がわからなくなってしまいます。
繋いでいた手を離した際に、ふたりははぐれてしまいました。

ふたりの少女は何者かが潜む不気味な夜の街を、
勇気を振り絞って冒険します。

■ふたりの視点を入れ替えながら、物語は進む

 「深夜廻」でプレーヤーが操作するのは「ユイ」と「ハル」という2人の少女。彼女たちはお互いを探して夜の街をさまよう。一方の少女で体験した事は、もう一方の少女での探索に役立つ場合もある。

【ユイとハル】
■奥行きを楽しめるサイドビュー演出

 通常は、斜め上からの見下ろし視点でゲームが進行するが、一部のマップでは、サイドビュー視点へと切り替わる。サイドビューのマップでは、遠くの山や町並みなどの背景が1つの画面に収まり、奥行きを感じられるようになる。まるで飛び出す絵本に迷い込んだような光景が広がる。

■手に入れるとゲーム進行が有利になる「おまもり」

 物語を進めていると「おまもり」を手に入れることがある。「おまもり」を身につけることで、小石を多く持てる、スタミナが減りにくくなる、早く走れるなど有益な効果を得ることができる。

■2人の前に現われる新たな「お化け」たち

 今作にも登場する「お化け」たち。時には悪意をもって2人に襲い掛かってくることも。

【コトワリさま】
【凶悪なお化け】
【赤ん坊の霊】
©2015-2018 Nippon Ichi Software, Inc.

GAME Watch,松嶋 寿(クラフル)

最終更新:7/12(木) 15:00
Impress Watch

Yahoo!ニュースからのお知らせ