ここから本文です

【明日7月13日の半分、青い。】第89話 娘の結婚に楡野家パニック 鈴愛は涼次の生い立ちを知り…

7/12(木) 13:00配信

スポニチアネックス

 女優の永野芽郁(18)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「半分、青い。」(月~土曜前8・00)は13日、第89話が放送される。

 突然の鈴愛(永野)の結婚宣言に、岐阜の楡野家は晴(松雪泰子)も宇太郎(滝藤賢一)も大パニック。仙吉(中村雅俊)だけは孫の結婚を素直に喜んでいる。一方、100円ショップ「大納言」。美女と失踪していた店長・田辺(嶋田久作)が戻り、田辺は涼次(間宮祥太朗)の叔母たちにあいさつをしたのか、鈴愛に確認。そこで、鈴愛は涼次の生い立ちと3人の叔母の存在を知る。田辺は涼次のことを何も知らずに結婚に踏み切った理由を、鈴愛に尋ねる。

 朝ドラ通算98作目。フジテレビ「素顔のままで」「ロングバケーション」「空から降る一億の星」やTBS「愛していると言ってくれ」「ビューティフルライフ」「オレンジデイズ」など数々の名作を生み“ラブストーリーの神様”と呼ばれるヒットメーカー・北川悦吏子氏(56)のオリジナル脚本。岐阜県と東京を舞台に、病気で左耳を失聴した楡野鈴愛(にれの・すずめ)が高度経済成長期の終わりから現代を七転び八起きで駆け抜ける姿を描く。

 【+α】第88話(12日)、雨に打たれ、風邪をひいた涼次。鈴愛は見舞いに行くことに。鈴愛と涼次の師匠・祥平(斎藤工)が初対面。お互い、どのような印象を持つのか。