ここから本文です

東京ディズニーランドで開園35周年を祝う史上最高のナイトタイムスペクタキュラー「Celebrate! Tokyo Disneyland」スタート

7/12(木) 15:42配信

Impress Watch

 オリエンタルランドは、東京ディズニーリゾートにてアニバーサリーイベント「東京ディズニーリゾート開園35周年“Happiest Celebration!”」を2019年3月25日まで開催中。それに伴い東京ディズニーランドでは、7月10日よりナイトタイムスペクタキュラー「Celebrate! Tokyo Disneyland」がスタートした。

【この記事に関する別の画像を見る】

「Celebrate! Tokyo Disneyland」は、東京ディズニーランドのシンボルでもあるシンデレラ城を舞台に、誰もが知っているディズニーミュージックに乗せて夢と魔法の王国を巡る旅が楽しめるエンタテイメント。プロジェクションマッピングを駆使した美しい映像とパイロはもちろん、東京ディズニーランドで初めてシンデレラ城周辺の噴水や植栽のライトとも連動。今までにないほどの壮大なスケールで心に刻まれる約20分間のショーを繰り広げる。

■35周年のナイトタイムを彩る新プログラムを実施。シンデレラ城が各エリアの人気アトラクションに様変わり!?

 冒頭では、オーケストラのチューニングの音とともにグーフィーが「今宵の素晴らしいコンダクター」としてミッキーマウスを紹介。ミッキーマウスがバルコニーにタクト片手に登場すると、ミッキーマウスは「準備はすべてOKさ。夢と魔法の王国のお祝いが始まるよ」とゲストに話しかけ、タクトを振ると音符と五線譜が浮かび上がり、シンデレラ城に光と音が広がっていく。

 華やかなオープニングとともに最新アレンジの「Tokyo Disneyland Is Your Land」が流れ「素敵でしょう」とミッキーマウス。東京ディズニーランドのアトラクションに息づく物語が次々とお城に浮かび上がる。動き出した魔法の楽譜に飛び乗ったミッキーマウスは「進め冒険の世界へ!」と音楽に導かれるように東京ディズニーランドの各テーマランドを巡る旅に出発!

 最初は、冒険とロマンの世界「アドベンチャーランド」へ。鳥たちのさえずりと木々のざわめき。そして「チキ・チキ・チキルーム 」のサウンドを乗せて南国の鳥たちと草花たちが陽気に歌声を披露するなか「魅惑のチキルーム:スティッチ・プレゼンツ“アロハ・エ・コモ・マイ!”」の世界が広がる。チキの神様やビッグカフーナも現れ突然の雷も!?

 続いては「ジャングルクルーズ:ワイルドライフ・エクスペディション」へ。「サークル・オブ・ライフ」を聴きながらジャングルへ出発。ボートに乗り込み双眼鏡で草のあいだからのぞくと怒ったカバや像の水浴び場、サイのツノに突かれる探検家御一行などおなじみの面々が見える。一瞬プンバァやシンバの姿も!?

 ジャングルのお守りの光が消えると「ヨーホー」の楽曲とともに突然スカルが現われ「いいな、気を付けねぇと生きては帰れねぇぞ」と警告。「やい、テメェたち! 冒険が好きでこの海賊の海に来たんだな」とファンにはうれしいフレーズも飛び出し「カリブの海賊」のワンシーンが広がっていく。スカルが海賊へと一瞬で姿を変えると「彼こそが海賊」で盛り上がるなか次々と海賊たちが剣を交えるシーンなどが映し出され、おなじみの燃え盛る牢獄のなかで海賊たちが口笛と骨で鍵を咥える犬の気を引こうと奮闘するあのシーンも。

 暗転すると19世紀の開拓時代の西部「ウエスタンランド」の豊かなで平和なアメリカ河に到着。「カラー・オブ・ザ・ウィンド」が優しく耳にそよ風を運んでくるとミッキーマウスは「蒸気船マークトウェイン号」の船長に。汽笛を合図に四季折々の自然の表情を楽しみながらゆったりとした船旅へ出航。

 ダイナマイトをくわえたヤギがいななくと、シンデレラ城が「ビッグサンダー・マウンテン」に大変身! ミッキーマウスが運転するの鉱山列車が目の前に勢いよく迫ってくる。列車が大暴走するなか、カントリーのリズムと「カム・アゲイン」が響きわたる。1983年4月15日にパークとともにオープンした「カントリーベア・シアター」のヘンリーやサミーを筆頭にビッグアルに「ザ・ファイブベアラグズ」も。火薬樽のあいだを飛び回るヤギにヒヤヒヤしながら最後には……。

 そして夢が叶うおとぎの国「ファンタジーランド」へ。ミッキーマウスとミニーマウスがロマンチックに「キャッスルカルーセル」を楽しんでいると、ふしぎの国のアリスやピーターパンが。ティンカーベルが魔法をかけると白雪姫やダンスをするオーロラ姫、ボールルームのベルと野獣たちがロマンチックなひと時を演出してくれる。

 幸せなプリンセスたちの物語から一転レクイエムに編曲された「グリム・グリニング・ゴースト」の楽曲とたくさんの目がシンデレラ城に出現し不穏な雰囲気に。屋敷の住人のゴーストホストが「紳士ならびに淑女諸君。ホーンテッドマンション へようこそ」とあいさつ。奥には伸びる部屋とやガーゴイルの燭台。マダム・レオタによる降霊会が始まりゴーストたちがグランドホールで舞踏会を始める。そしてヒッチハイク・ゴーストたちも。リトル・レオタの「HURRY BACK」の声と花嫁の心臓の音が響き渡る。

 恐ろしげな雰囲気のなか、気が付けば「スプラッシュ・マウンテン」のいばらの茂みの直前に。二羽のハゲタカがアトラクションさながらに「笑いの国はここさ」と恐怖を掻き立てるとミッキーマウスは一気に滝壺のなかへスプラッシュ! 「エヴリバディ・ハズ・ア・ラフィング・プレイス」が聞こえるなか、軽快な音楽とともにミッキーマウスと仲間たちが暮らすとびきりハッピーな「トゥーンタウン」へ到着。「ジョリートロリー」に乗り込み街を巡って楽しむが、トゥーンならではの愉快な事件が発生。箱から出てきた「ミッキーの大演奏会」の帽子を被りタクトを振ると、魔法の楽譜から音符が飛び出して「音楽の竜巻」になってしまいミッキーマウスは大慌て!?

 そのまま聞き覚えのあるトゥモローランドのエリアミュージックが鳴り響くなか、人類の夢を一足早く実現した都市「トゥモローランド」に到着。モノリスがサイドに映し出されエントランスに。そして「スカイウェイ」に「ミート・ザ・ワールド」、「スタージェット」や「ビジョナリアム」など歴代のアトラクションポスターが次々と映し出される。

「バズ・ライトイヤーのアストロブラスター」ポスターへミッキーマウスが突入すると「ザーグの惑星」が鳴り響く。リトルグリーンメンやバッテリーが現われるとスペースレンジャーのバズ・ライトイヤーと悪の帝王ザーグの決戦のさなかへ。Zマークのターゲットがシンデレラ城のあちらこちらに。

 そして宇宙旅行会社「スター・ツアーズ社」のロゴと「スター・ツアーズ1401便発進を許可します」のアナウンスが聞こえると「スター・ウォーズのテーマ」が響き大興奮のなか「スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」の世界へ。C-3POやR2-D2とともにデス・スターやTIEファイターの攻撃をすり抜ける手に汗握るシーンが満載。もちろん「嫌な予感がする」のお約束フレーズも聞ける。

 東京ディズニーランドをぐるりとテーマランドごとに音楽と一緒に巡った旅もいよいよ終盤。ミッキーマウスがポップコーンカートのレバーを回すと「小さな世界」が流れ出しシンデレラ城がポップコーンでいっぱいに。そしてキャッスルが「イッツ・ア・スモールワールド」に変化。

 東京ディズニーリゾート開園35周年をお祝いする35のロゴが映し出され、光のシャワーで美しくキャッスルが照らされ、噴水が幻想的にダンス。

 パークでのワンシーンが次々と映し出され、ミッキーマウスが再びバルコニーに。そして「わあ、すごいセレブレーションだ! ここは夢があふれる最高に幸せなところさ!」と締めくくり感動のフィナーレへ!

 パークで体験したアトラクションのハイライトを凝縮し、ミッキーマウスと一緒に東京ディズニーランドを巡ることのできるナイトタイムスペクタキュラー「Celebrate! Tokyo Disneyland」。1日1~2回公演となっており、中央鑑賞エリアは当日の入園パスポートでの抽選が必要。植栽との連動など全体を見たいのならば、少し離れたエリアで。噴水のダイナミックな動きを見たいのならば、お城横など中央以外にも見どころ&見るべきエリアが盛りだくさん。ぜひ2度、3度と何度も鑑賞することをお勧めしたい。

■「Celebrate! Tokyo Disneyland」の新グッズ。定番&通なラインアップで約45種類登場

 ナイトタイムスペクタキュラー「Celebrate! Tokyo Disneyland」のスタートに合わせて新たにグッズを約45種類用意。感動のシーンを再現したアイテムが豊富に揃っている。

 注目したいのは35周年だからこそな粋なラインアップの「ぬいぐるみバッジ」(ウェンデル:1800円、ビッグアル:2000円)だ。ウエスタンランドのアトラクション「カントリーベア・シアター」で夏には家族&旅写真を見せてくるおとぼけ姿が人気のウェンデルや、いつもマイペースで道に迷うなどのパプニングに見舞われるビッグアルなどのキャラクターのグッズ化。この機会を見逃さずにマストバイだ。

 さらに通称ヒッチハイク・ゴーストと呼ばれる3人組の「ぬいぐるみバッジセット」(3600円)もチェック。「ホーンテッドマンション」のラストシーンでゲストのドゥームバギーへ乗り込もうとするあのゴーストたちがキュートに大変身。彼らの望みどおり!? に一緒に家まで連れて行ってあげてほしい。

 もちろんタクトで音楽を操る主役のミッキーマウスの「ぬいぐるみバッジ」(2200円)も用意。キラキラと光る燕尾服がゴージャスな1体となっている。

 さらに、「Celebrate! Tokyo Disneyland」のシーンそのままのイメージがデザインされた「Tシャツ」(2900~3300円 ※サイズにより価格が異なる)や「ファッション用グラス」(2000円)、「ライティングペンダント」(1600円)などの身に着けグッズも。

 お土産で重宝する「アソーテッド・クッキー」(1100円)、パッケージもカントリーベア・シアター推しの「チョコレート」(850円)、光る「ミラーボールライト」(1800円)と組み合わせて楽しい「キャンディ」(1000円)などスイーツ関連もラインアップ。

 デザインがクールなディズニーリゾートラインの「ディズニー・ビークル・コレクション ディズニーリゾートライン トミカ」(1200円)も手に入れたいアイテムの一つだ。また、ディスニーリゾートラインも「Celebrate! Tokyo Disneyland」デザインの「フリーきっぷ」(1日フリーきっぷ:大人650円、子供330円)を12月24日までの期間発売している。

「東京ディズニーリゾート開園35周年“Happiest Celebration!”」を開催中の東京ディズニーランド。夜は東京ディズニーランドのテーマランドの魅力と、前代未聞のスケールで音楽と光の共演が楽しめるナイトタイムスペクタキュラー。鑑賞時はスペシャルなグッズを身に着けて。鑑賞後はお家まで思い出を持ち帰って、忘れられない夏の1日を過ごしてみよう。

(C)Disney
(C)Disney (C)&TMLucasfilm Ltd.

トラベル Watch,相川真由美

最終更新:7/12(木) 15:42
Impress Watch