ここから本文です

IIJがeSIMデバイスの動作検証開始、フルMVNOとして

7/12(木) 15:51配信

Impress Watch

 IIJは、組込型のいわゆるeSIMを採用する端末の動作検証を開始した。フルMVNOとして手がけるモバイルデータ通信との組み合わせで検証が進められる。

 IIJでは、加入者情報を管理できる設備(HLR/HSS)を保有しており、新たにリモートでSIMカードに加入者情報を書き込めるプラットフォームの検証環境を構築。これはGSMAの規格(Remote SIM Provisioning フェーズ2)に準拠したもの。

 第1弾として、マイクロソフト製の「Surface Pro LTE Advanced」を用いたところ、IIJのSIMカードに相当する加入者情報(プロファイル)を書き込み、データ通信できることを確認できた。このeSIMプラットフォームは2019年春に正式サービスとして提供される予定。

ケータイ Watch,関口 聖

最終更新:7/12(木) 15:51
Impress Watch