ここから本文です

デルとEMCジャパン、エントリークラスのデータ保護アプライアンス「IDPA DP4400」

7/12(木) 16:20配信

Impress Watch

 デル株式会社とEMCジャパン株式会社は12日、統合データ保護アプライアンス「Integrated Data Protection Appliance(IDPA)」のラインアップに、エントリーモデル「Dell EMC IDPA DP4400」を追加すると発表した。

 DP4400は、エントリー企業、あるいはリモートオフィス/ブランチオフィス(ROBO)向けに提供される2Uサイズのバックアップアプライアンス。セルフサービスでもインストール可能な、使いやすいWebユーザーインターフェイスを備えており、ROBO環境への展開と管理に適しているという。

 ハードウェアは、Dell EMCが提供している第14世代のx86サーバー「Dell EMC PowerEdge」を基盤とし、エンタープライズクラスのバックアップ、重複排除、レプリケーション、リカバリ機能を提供。クラウドへのディザスタリカバリ(DR:災害対策)および長期的なデータ保持(LTR)機能などを含む、クラウド対応機能も組み込まれているとした。

 さらに、設置した状態のままダウンタイムなしにスケールアップ可能な特徴を持ち、単一のアプライアンスを設置状態のままで、最小24TBから最大96TBまで、ライセンスキーの使用のみでスケールアップできる。容量は、クラウドを利用することで最大192TBまで拡張可能だ。

 なお、DP4400の重複排除機能は、ほかのIDPAシリーズと同じくVMwareの仮想環境で55:1となり、それ以外の環境でも高い重複排除率を持つとのこと。この重複排除機能により、ユニークなデータのみがバックアップされるため、クラウドへの転送においても、暗号化された状態の重複排除後データを送ることが可能。生のデータをそのまま転送するのに比べて、帯域を98%できるとした。

 価格は、最小24TB構成で928万800円(税別)から。

クラウド Watch,石井 一志

最終更新:7/12(木) 16:20
Impress Watch