ここから本文です

マツダ、“赤いXG”の「ファミリア」「323 4WD ラリーカー」など「オートモビル カウンシル 2018」に出展

7/12(木) 17:44配信

Impress Watch

 マツダは、幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区)で8月3日~5日に開催される「AUTOMOBILE COUNCIL(オートモビル カウンシル) 2018」に、“赤いXG”として一世を風靡した5代目「ファミリア」やラリー・モンテカルロに出場した「323 4WD ラリーカー」のほか、「ランティス」「マツダスピードアクセラ」「魁 CONCEPT」を展示する。

【この記事に関する別の画像を見る】

 マツダの出展テーマは「MAZDA COMPACT HATCHBACK STORY」。「ファミリア」から始まり「アクセラ」に続いているコンパクトハッチバックは、常にその時代のマツダの思想を反映し、最新の技術を投入してきたマツダの中核車種。ブースでは、それぞれのクルマに込めたマツダの想いや搭載された革新的な技術を、マツダ社員自ら説明員として来場者に直接紹介する。

 また、会場では「ファミリア」から「アクセラ」にかけてのデザインを手掛けてきた初代アクセラチーフデザイナーの鈴木英樹氏と、初代アクセラのデザインにもたずさわった「マツダ 魁 CONCEPT」チーフデザイナーの土田康剛氏によるコンパクトハッチバック師弟デザイナーによるスペシャルトークショーを会期中実施予定。

■AUTOMOBILE COUNCIL 2018開催概要

開催日程:2018年8月3日~5日
会場:幕張メッセ(4・5・6ホール)
主催:AUTOMOBILE COUNCIL実行委員会

■マツダブース出展内容(予定)

・ファミリア(5代目):1980年発売。第1回日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞。

・323 4WD ラリーカー(ファミリア 6代目):1989年式。フルタイム4WDを採用。フィンランドの女性ラリードライバー ミーナ・シランコーヴァ氏所有の車両を特別展示。

・ランティス:1993年発売。V型6気筒 2.0リッターエンジンと個性的なエクステリアが特徴のスポーティコンパクト。

・マツダスピードアクセラ:2006年発売。初代アクセラに直噴ターボを搭載したハイパフォーマンスモデル。

・魁 CONCEPT:2017年発表の次世代商品コンセプトモデル。SKYACTIV-Xなどの最新技術と深化した魂動デザインを採用。

■コンパクトハッチバック師弟デザイナーのスペシャルトークショースケジュール(予定)

・8月3日14時
・8月4日11時30分、15時30分
・8月5日11時30、15時30分

Car Watch,編集部:椿山和雄

最終更新:7/12(木) 17:44
Impress Watch