ここから本文です

「GitKraken」v3.6.5が公開、「libgit2」の脆弱性を2件修正

7/12(木) 18:09配信

Impress Watch

 米Axosoftは7月11日(現地時間)、クロスプラットフォーム対応の「Git」クライアントソフト「Axosoft GitKraken」の最新版v3.6.5を公開した。今回のアップデートでは、内部で用いられているライブラリ「libgit2」で発見された2件の脆弱性が修正されている。

 脆弱性データベースサイト“NVD”によると、「libgit2」のv0.27.3より古いバージョンには、整数オーバフローの問題(CVE-2018-10887)や範囲外の読み取りの欠陥(CVE-2018-10888)が存在する。最悪の場合、メモリアドレスのリークやサービス運用妨害(DoS)につながる恐れがある。

 「GitKraken」はWindows/Mac/Linuxに対応しており、非商用に限り無償で利用できる。現在、本ソフトの公式サイトからダウンロード可能。Windows版は窓の杜ライブラリからダウンロードすることもできる。

ソフトウェア情報「Axosoft GitKraken」Windows版【著作権者】Axosoft, LLC【対応OS】Windows 7以降(編集部にてWindows 10で動作確認)【ソフト種別】フリーソフト(非商用に限る)【バージョン】3.6.5(18/07/11)

窓の杜,樽井 秀人

最終更新:7/12(木) 18:09
Impress Watch