ここから本文です

<西日本豪雨>被災者受け入れ 7万1000戸住宅など確保

7/12(木) 22:02配信

毎日新聞

 ◇安倍首相、非常災害対策本部で表明

 安倍晋三首相は12日、首相官邸で開いた西日本豪雨の非常災害対策本部で、被災者の受け入れ先として7万1000戸の住宅や宿泊施設を確保したと表明した。ただ、大半は都市部に集中しており、政府はさらなる対応を迫られそうだ。

【土砂崩れ現場で18歳の息子を探し続ける母】

 政府が確保したのは、民間賃貸住宅5万4000戸、公営住宅などが1万7000戸。旅館、ホテルなどでも800人分の受け入れが可能になる。自治体が借り上げて被災者に提供する「みなし仮設住宅」として活用し、政府が家賃などを負担する。【川辺和将】

最終更新:7/12(木) 23:20
毎日新聞