ここから本文です

【石川】石川高専がサヨナラ発進 2年連続で開幕試合に勝利

7/12(木) 16:08配信

スポーツ報知

◆第100回全国高校野球選手権記念石川大会▽1回戦 石川高専2―1小松工(12日・石川県立野球場)

 開会式と1回戦1試合が行われ、2年連続で開幕試合に登場した石川高専が、9回サヨナラで昨夏に続き大会最初の白星を飾った。

 9回表に1―1と同点に追いつかれた石川高専は、9回裏に無死満塁のチャンスで7番・中谷成吾右翼手(3年)がサヨナラの中前適時打を放った。

 「背番号1」ながら、この日は登板機会がなかった中谷は「打った瞬間、手応えがあった。サヨナラ打は野球人生でも初めて。次はマウンドで活躍したい」と喜んだ。北田耕司監督(49)は「中谷は投打のどっちでも素晴らしい選手。よく打ってくれた」とヒーローをたたえた。

最終更新:7/14(土) 6:29
スポーツ報知

Yahoo!ニュースからのお知らせ