ここから本文です

メイ首相、米国との「特別な関係」強調 トランプ氏訪英で声明

7/12(木) 23:27配信

産経新聞

 【ロンドン=岡部伸】メイ英首相は11日、トランプ米大統領が12日から英国を訪問するのを前に声明を発表し、「米国との『特別な関係』より強い同盟関係はない。今後も、米国より重要な同盟国はないだろう」と述べた。

 欧州連合(EU)離脱交渉方針をめぐる反発から閣僚が相次いで辞任するなど混乱が続く中、自由貿易協定(FTA)締結を目指す米国との良好な関係を強調することで、指導力を誇示する構えだ。

 メイ氏は声明で、「両国は貿易や投資分野で、他に例を見ない関係を築いている」と指摘。トランプ氏の訪英が「貿易連携をさらに深めるとともに、強く野心的関係をどのように構築するか協議する機会になる」と期待感を示した。

 トランプ氏は12日、メイ氏主催の夕食会で経済界首脳ら約100人と懇談。13日にメイ首相と会談後、エリザベス女王と面会する。

最終更新:7/12(木) 23:27
産経新聞

Yahoo!ニュースからのお知らせ