ここから本文です

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』で濡れる、揺れる!4DXと恐竜映画は相性抜群

7/12(木) 17:01配信

Stereo Sound ONLINE

大ヒット恐竜映画『ジュラシック・ワールド』の続編、世界を席巻中

 『ジュラシック・ワールド/炎の王国』が、7月13日(金)より日本公開される。

 本作はすでに世界各国で公開されており、ついに累計興収10億ドルの大台に乗った(BOX OFFICE ANALYST調べ、7月10日現在)。ちなみに2015年に公開された前作『ジュラシック・ワールド』は歴代世界興収第5位の超大ヒットとなったが、『炎の王国』は17の国と地域でその最終興収を上回る成績になっているというから、いかに勢いがあるかよくわかるだろう。

【画像】ユナイテッドシネマ豊洲の4DXシアターを解剖

 その本作を、ユナイテッドシネマ豊洲の4DX 3Dで観る機会を得た。4DXとは、ユナイテッドシネマ、109シネマズ、イオンシネマなどで体験できる上映システムで、映画のシーンに合わせて座席が前後左右に動いたり、水が降ってきたり、風が吹き付けたりするというもの。はたまた香りや煙などの特殊効果もある。映画を体で感じる、いわば“アトラクション・シアター”だ。

 映画そのものについては先日アップした久保田明さんの評におまかせするとして(下記の関連記事を参照)、このページでは『ジュラシック・ワールド/炎の王国』×4DX 3Dの体験レポートをお届けする。

ユナイテッドシネマ豊洲4DXシアターの足置き付き座席はゆったり快適

 ユナイテッドシネマ豊洲の4DXシアターは7番スクリーン。104席と席数は少なめだが、“モーションシート”と呼ばれる座席がかなり大きいため、場内はだいぶ広く感じられた。ひとつひとつに足置きが付いているから、座面も通常の座席より高い位置にある。座ってみると想像以上に奥行きがあり、背もたれも高いのですっぽり埋もれてしまった。身長にもよるだろうが、女性だと座席に沈み込む形になりそうだ。

 肘掛けにはスイッチがあり、その横に「WATER ON」「WATER OFF」と書かれている。どうやらこれで水の演出を切ることができるらしい。メイク崩れが気になる女性はOFFにする手もあるが、どうせなら全力で楽しみたいので、もちろんONに設定する。

1/2ページ

最終更新:7/12(木) 17:01
Stereo Sound ONLINE

あなたにおすすめの記事