ここから本文です

100万円貸し付けを依頼、女性の慌てた様子に詐欺疑い通報 大宮署、被害防いだ保険会社に感謝状

7/12(木) 10:31配信

埼玉新聞

 埼玉県の大宮署は振り込め詐欺を未然に防いだとして10日、富国生命保険相互会社埼玉支社副長の渡辺明さんと、主任の山城明子さんに感謝状を贈呈した。2人はニュースなどで振り込め詐欺の手口を知っており、「一般市民のためにこれからも注意していきたい」と話した。

走る犯人、追う警官 近くの高2が警官に自転車貸すも…走って追い付き犯人確保 県警が表彰、高2の正体は

 同署によると、2人は6月20日、来店した70代女性から現金100万円の生命保険貸し付けを依頼された際、女性の慌てた様子から振り込め詐欺を疑い、声掛けや警察への通報で被害を未然に防いだ。女性方には同日、息子を名乗る男から「小切手が入ったかばんを盗まれた」などと電話があったという。

最終更新:7/13(金) 13:38
埼玉新聞