ここから本文です

錦織との不平等な警告にジョコビッチ不満「フェアではない」<ウィンブルドン>

7/12(木) 3:59配信

tennis365.net

ウィンブルドン

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は11日、男子シングルス準々決勝が行われ、第12シードのN・ジョコビッチ(セルビア)が第24シードの錦織圭を6-3, 3-6, 6-2, 6-2で破り、2015年以来3年ぶり8度目のベスト4進出を果たした。

【ウィンブルドン対戦表】

この日、2011・2014・2015年のウィンブルドンを制している元世界ランク1位のジョコビッチは2時間35分で勝利。錦織に13連勝とリードを広げた。

試合中、ジョコビッチはラケットを投げて主審から警告を受けた。

しかし、錦織も同様のことをしたが、主審からの注意は受けなかった。

試合後の会見でジョコビッチは「自分の投げたラケットが芝に傷をつけたかと彼(主審)に聞いた。彼はあの行為が『コートに傷をつけたと思った』と言っていた。錦織も第4セットで同じことをしたけど、警告を受けなかった。それはフェアではないと思っている」と不満を示した。

「主審は『錦織が何をしたかを実際に見ていなかった』と主張していた。でも明らかに、主審は僕がしていることをいつも見ていた。それはフェアではないと思ったことだった。納得のいかないことが主審から下されることも時にはある。正しい場合もあるし、間違っている場合もあるだろう」

ジョコビッチは準決勝で、第2シードのR・ナダル(スペイン)と第5シードのJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)の勝者と対戦する。


【錦織vsジョコビッチ 過去の対戦一覧】

<2018年>
ウィンブルドン準々決勝 N・ジョコビッチ 6-3, 3-6, 6-2, 6-2 錦織圭

BNLイタリア国際準々決勝 N・ジョコビッチ 2-6, 6-1, 6-3 錦織圭

ムチュア・マドリッド・オープン1回戦 N・ジョコビッチ 7-5, 6-4 錦織圭


<2017年>
ムチュア・マドリッド・オープン準々決勝 N・ジョコビッチ - 錦織圭 棄権


<2016年>
ATPツアー・ファイナル準決勝 N・ジョコビッチ 6-1, 6-1 錦織圭

ロジャーズ・カップ決勝 N・ジョコビッチ 6-3, 7-5 錦織圭

BNLイタリア国際準決勝 N・ジョコビッチ 2-6, 6-4, 7-6 (7-5) 錦織圭

ムチュア・マドリッド・オープン準決勝 N・ジョコビッチ 6-3, 7-6 (7-4) 錦織圭

マイアミ・オープン決勝 N・ジョコビッチ 6-3, 6-3 錦織圭

全豪オープン準々決勝 N・ジョコビッチ 6-3, 6-2, 6-4 錦織圭


<2015年>
ATPツアー・ファイナル予選 N・ジョコビッチ 6-1, 6-1 錦織圭

BNLイタリア国際準決勝 N・ジョコビッチ 6-3, 3-6, 6-1 錦織圭


<2014年>
ATPツアー・ファイナル準決勝 N・ジョコビッチ 6-1, 3-6, 6-0 錦織圭

パリ・マスターズ準決勝 N・ジョコビッチ 6-2, 6-3 錦織圭

全米オープン準決勝 錦織圭 6-4, 1-6, 7-6 (7-4), 6-3 N・ジョコビッチ

マイアミ・オープン準決勝 N・ジョコビッチ - 錦織圭 棄権


<2011年>
スイス・インドア準決勝 錦織圭 2-6, 7-6 (7-4), 6-0 N・ジョコビッチ


<2010年>
全仏オープン2回戦 N・ジョコビッチ 6-1, 6-4, 6-4 錦織圭

最終更新:7/12(木) 4:47
tennis365.net