ここから本文です

ガリガリ君とザ・タンサンがコラボ 消費者が発見…SNSで話題の絶妙シャーベット、作り方を紹介

7/12(木) 10:31配信

埼玉新聞

 赤城乳業(本社深谷市)と日本コカ・コーラ(本社東京都渋谷区)がコラボし、両社の人気商品、アイスの「ガリガリ君」と無糖強炭酸水「カナダドライ ザ・タンサン・ストロング」を組み合わせて楽しむ「ザ・タンサン&ガリガリ君ソーダシャーベット」を消費者に提案している。県内ではコカ・コーラ ボトラーズジャパン(本社東京都港区)がポスターを作製し、スーパーやコンビニを通じて作り方を紹介している。

プリン専門店、川越に11日オープン 特産・川越芋の食感を楽しめるプリンやモンブランソフトも

 元々は消費者が“発見”した商品ミックスで、ガリガリ君のサッパリした味と、ザ・タンサン・ストロングの切れ味が絶妙に調和し、人気を集めている。

 1981年から発売しているガリガリ君は、ガリガリした食感が特徴のかき氷アイスバー。一方、ザ・タンサン・ストロングは高いガスボリュームによる強い刺激とキレのあるおいしさを両立させた、ゼロカロリー・無糖・ノンカフェインの炭酸飲料。

 SNSなどを中心に数年前から、ガリガリ君と無糖炭酸水を組み合わせて「シャーベットのようにして食べるとおいしい」と話題になっていた。

 それを受け、赤城乳業が「最も『ガリガリ君』ソーダ味にあう強炭酸水はどれか」を独自に調査した結果、pH値が水に近い中性よりで、水だけでなく炭酸ガスもろ過して開発されたザ・タンサン・ストロングが「味わいピッタリ」という結論に達し、今回のコラボが実現した。

 ポスターには「簡単おいしいシャーベット作り」と銘打ち、作り方を紹介している。

最終更新:7/12(木) 10:31
埼玉新聞