ここから本文です

美しい希少種から物陰に潜むアイツまで、昆虫の神秘に迫る5万点 国立科学博物館

7/12(木) 21:41配信

AFPBB News

【7月12日 AFPBB News】宝石さながらの美しい虫から身近な嫌われ者まで、多種多様な標本や模型を集めた特別展「昆虫(INSECT)」が、東京・台東区の国立科学博物館(National Museum of Nature and Science)で13日から始まる。12日に開かれた内覧会では、昆虫の生態を解き明かす特撮技術映像や全長2メートルもある巨大な標本模型が公開され、CGを駆使した体験型展示などが紹介された。

【関連写真(全15枚)】夏は「昆活」!

 同展で展示されている昆虫標本は約5万点。これほどの規模の昆虫をテーマにした展示は、同館でこれまでにない試みだという。一種につき世界で1点しかないという学術上の基準となる標本「ホロタイプ」や、琥珀(こはく)に閉じ込められた絶滅目、南米に生息する最重量級カブトムシなど希少な標本のほか、「多様性の究極」と言われるゴキブリ標本だけを集めた部屋も。

 また、昆虫好きとして知られる俳優の香川照之(Teruyuki Kagawa)さんが、オフィシャルサポーターとして「昆活しようぜ」と呼びかけている。同展のためにインド洋のマダガスカルで採集された新種のセイボウ命名式への出席が予定されている。

 監修した同館の野村周平(Shuhei Nomura)博士は、「標本コレクションに集めた人のキャラクターがにじみ出ている点も見てほしい」と話した。10月8日まで。(c)AFPBB News

最終更新:7/14(土) 18:23
AFPBB News