ここから本文です

29倍の高金利...ヤミ金摘発 1600万円以上の利益か

7/12(木) 17:00配信

ホウドウキョク

ホウドウキョク

法定利息の30倍近い高金利で金を貸し付けていたとみられる、ヤミ金融業者を摘発。

細渕雄樹容疑者(42)と高松正規容疑者(35)は、貸金業の登録をせずに、2017年4月から12月にかけて、都内の金属加工会社役員の男性(70)ら2人に、最高で法定利息のおよそ29倍の高金利で現金550万円を貸し付け、およそ140万円の利息を受け取った疑いが持たれている。

2人の拠点からは、事業者14万人分の名簿が押収され、細渕容疑者らが資金繰りに困っている事業者を探していたとみられる。

2人は容疑を認めていて、警視庁は、およそ2年で1600万円以上の利益を得ていたとみて捜査している。

FNN

最終更新:7/12(木) 17:00
ホウドウキョク