ここから本文です

格安スマホを乗り換える前にこんなところに注意!格安スマホのメリットとデメリット

7/12(木) 20:00配信

ファイナンシャルフィールド

少しでも節約したいと考えたとき、普段使っているものやお気に入りのものでも何か削る必要がありますよね。

削れるものといえば、食費や光熱費、交際費。さまざまなものがあります。その中にスマートフォン代も挙げられるのではないでしょうか。

最近では格安スマホというものも出てきました。月額料金が安くなるということで、格安スマホに乗り換える人も増えていますが、そうすることで何か不便になることはないの? とても気になりますよね。

今回は格安スマホのメリットとデメリットをご紹介していきますので、本格的に検討する前にぜひチェックしてみてください。

格安スマホのメリットとデメリットを見てみよう

【メリット(1) とにかく月額料金が安いこと!】

格安スマホのメリットは何といっても月額料金の安さです。

MMD研究所の調べによると、大手3キャリアの平均月額料金は7876円で、一方格安スマホの平均は2957円という結果となっています。(MMD研究所 「2017年携帯電話の利用料金に関する調査」)

月々で約5000円もの開きがあり、年間で大手キャリアは94,512円ですが、格安スマホは3万5484円となります。1カ月5000円も節約できたら大きいですよね。

【メリット(2)電話番号を変更せずに使用できること】

電話番号をそのまま使えるのもメリットですね。

電話番号が変わってしまっては、変更したことを周りの人に知らせる必要がありますが、その手間はありません。

【メリット(3) 料金体系がわかりやすいこと】

格安スマホはとても料金体系がシンプルなので、わかりやすいこともメリットでしょう。

普通のスマホ契約だとさまざまな料金体系やオプションがあり、何を選んだらいいのかあまりよくわからないまま契約していることが多いと思います。

格安スマホでしたら、もちろん会社にもよりますが、基本的に料金プランがシンプルで選びやすいです。

1/2ページ

Yahoo!ニュースからのお知らせ