ここから本文です

「先生…」この呼び方が、林郁夫をオウム真理教から人間に戻した

7/12(木) 22:00配信

FNN PRIME

7月6日、オウム真理教の教祖、麻原彰晃こと、松本智津夫元死刑囚をはじめ、オウム死刑囚7人の死刑が執行された。

【画像】林郁夫 緊迫の取り調べ…

今から23年前、首都・東京を、世界で初めて化学兵器による無差別テロが襲い、死者13人、負傷者約6300人以上という、未曽有の大惨事となった『地下鉄サリン事件』。オウム真理教の関与が疑われる中、警察は、決定的な証拠をつかむことができずにいた。

真相を巡り、オウム真理教への取材合戦が過熱する中、教団の全てを知るといわれたキーマン、村井秀夫が刺殺される。このまま事件の真相は闇に消え、再び新たな犯罪が起きてしまうのでは、という恐怖が日本中を襲う中、ある一人の男の証言をきっかけに、オウムにまつわる数々の事件が解決へ大きく進んでいくことになる。

その証言をしたのは、地下鉄サリン実行犯の林郁夫受刑者。

7月12日に放送された「直撃!シンソウ坂上」(フジテレビ系)では、全面自供を引き出した主任取調官・稲冨功氏への取材を元に、取調室で交わされた2人の攻防に迫った。

当初、“重要人物”ではなかった林郁夫受刑者

1995年4月8日、機動捜査隊から捜査一課に駆り出されていた稲冨功氏は、元ピアニストの信者に対する監禁容疑がかかっていた幹部の一人、林郁夫受刑者の取り調べを任された。

専門外の機動捜査隊員が取り調べを行った理由としては、警察が林を重要な人物だとみていなかったからだ。
1947年1月23日に医師の家庭に生まれた林は、その後、自身も国立病院の心臓外科医となった。

林は医師として多くの患者の死に触れる中、絶望的な無力感に苛まれ、「死」という過酷な現実に対してできることはないか…という純粋な思いから宗教にのめり込んでいく。

そんな林が地位も名誉も捨てて出家したオウム真理教は、麻原を開祖として誕生した新興宗教。

違法薬物を使ったイニシエーションと呼ばれる修行を行うなど、信者たちを洗脳して多くの反社会的活動を行っていた。

サマナと呼ばれる出家信者は、オウムに全財産を寄付し、教団施設で共同生活を送っていた。

教団には厳格な階級制度があり、麻原は人類救済を提唱する絶対的な存在としてあがめられていた。

1/3ページ

最終更新:7/13(金) 12:20
FNN PRIME