ここから本文です

【MLB】前田健太、6回途中1失点の好投で6勝目 チームは地区首位に0.5差に迫る

7/12(木) 14:28配信

Full-Count

初回に1点先制許すも味方援護で2点リード守る

 ドジャース前田健太投手が11日(日本時間12日)、敵地パドレス戦で先発し、今季6勝目(5敗)を挙げた。5回2/3を4安打9奪三振1四球1失点(自責1)の好投でリードを守り、チームを4-2の勝利に牽引。ドジャースは地区首位ダイヤモンドバックスに0.5ゲーム差と迫った。

【写真】前田家に第2子誕生! 生まれたばかりの息子を抱き満面の笑みを浮かべる様子をインスタで公開!

 初回、先頭ジャンコウスキーの中前打、続くアスアヘの右翼二塁打で畳みかけられ、わずか6球で1失点。だが、後続3者ときっちりアウトに仕留めると、2回からは落ち着いた投球を取り戻した。3回に味方打線が3点を挙げて逆転すると、3回と4回を連続で3者凡退。5回を打者3人で終えた右腕は、6回に先頭ジャンコウスキーに四球を与えた後、後続2人をアウトとし、2死一塁としたところで92球(62ストライク)でマウンドを降りた。

 その後、両軍は1点ずつを加えたが、ドジャースが2点リードを保ったまま試合終了。前田は前半戦最終登板を白星で飾った。

Full-Count編集部

最終更新:7/12(木) 14:30
Full-Count

あなたにおすすめの記事