ここから本文です

設楽悠太vs大迫傑 来年東京マラソンで最速対決

7/12(木) 9:51配信

日刊スポーツ

 最速対決が実現する。陸上男子の3000メートル、5000メートル日本記録保持者・大迫傑(27=ナイキ・オレゴンプロジェクト)とマラソン、ハーフマラソン日本記録を持つ設楽悠太(26=ホンダ)が11日、そろって来年3月3日の東京マラソン参戦を表明した。

【写真】ナイキの新商品発表会に登壇した設楽悠と大迫

 東京都内であったナイキの新商品発表会。今後のレース予定について聞かれた大迫は、シカゴ(10月)とともに「東京マラソンに出る方向でトレーニングしている。2つでいい結果を残せるように」と明かした。今年の東京で16年ぶりとなる日本記録2時間6分11秒を出したものの、右足を疲労骨折していた設楽悠も「足の状態を確認しながら試合を決めていくが、来年の東京マラソンだけは外せない大会」。同世代の男に触発されるように言った。

 日本のマラソン復活を期待されるホープの2人が、記録が出やすい東京でマラソン初対決となる。

最終更新:7/12(木) 10:11
日刊スポーツ

Yahoo!ニュースからのお知らせ