ここから本文です

修徳が岩倉に勝利 名門同士の対決制す/東東京

7/12(木) 12:14配信

日刊スポーツ

<高校野球東東京大会:修徳7-3岩倉>◇12日◇2回戦◇神宮

 甲子園出場経験のある名門同士の対決は、修徳に軍配が上がった。

 初回に1点を先制し、なお2死満塁で7番染田棟皓外野手(2年)が右前へ2点適時打を放ち、この回3点を奪った。「相手が岩倉に決まって、より気合が入った。初回が勝負と言われていたので、打ててうれしかったです」と振り返った。

 中盤にも2点ずつ加点。「背番号1」の竹田大輝投手(3年)を3番手で投入し4点差で逃げ切った。阿保監督は「春初戦で負けたこともあり、緊張していたかと思いますが最高の入り方をしてくれた。今年は全員野球で頑張っていきたい」と話した。

最終更新:7/12(木) 12:25
日刊スポーツ

Yahoo!ニュースからのお知らせ