ここから本文です

レッズ新人野手が敗戦処理で登板、ナックル投げた

7/12(木) 15:40配信

日刊スポーツ

 レッズのルーキー、アレックス・ブランディーノ内野手が11日のインディアンス戦に8回から敗戦処理で登板し、ナックルボールを投げるなど、1イニングを1安打、2三振の無失点に抑えた。試合は4-19でレッズが敗れた。

 MLB公式サイトによると、ブランディーノの速球は90マイル近くに達し、ナックルボールは67マイルを計測した。

 ブランディーノは25歳のルーキーで、登録は内野手。これまで二塁、三塁、遊撃、右翼を守り、代打での出場も多い。

最終更新:7/14(土) 0:50
日刊スポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/23(月) 3:30