ここから本文です

【速報】アンダーソンが第2セットを奪われイーブンに。イズナーとの準決勝[ウィンブルドン]

7/13(金) 23:11配信

THE TENNIS DAILY

「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/7月2~15日/芝コート)の大会11日目、男子シングルス準決勝で第8シードのケビン・アンダーソン(南アフリカ)が第9シードのジョン・イズナー(アメリカ)と対戦。第1セットを先取したアンダーソンだったが、第2セットは6(5)-7でイズナーに奪われてしまった。

【LIVE速報】アンダーソン VS イズナー

第2セットはイズナーのサービスから。第2セットもお互いにキープの展開となる。第3ゲームを終えた時点でイズナーがメディカルタイムアウトを取り、右手の人差し指のマメがつぶれたのか、簡単な治療を行っていた。

お互いにブレークポイントを与えず、早いタイミングでキープする展開は第8ゲームまで続いた。そしてストローク戦に持ち込んだアンダーソンが第9ゲームで30-40とブレークポイントを握った。しかし、ここはイズナーにしのがれてキープされてしまった。

その後もキープし合い、第2セットもタイブレークで決着をつけることになった。第1セットと同様、イズナーにミニブレークされたアンダーソンは、続くプレーでもミニブレークを喫してポイント0-3とリードされる。さらにアンダーソンは続くイズナーのサービスゲームでミニブレークすることができず、ポイント0-5とされてしまった。

そこからアンダーソンは自身のサービスゲームで2ポイントを取ると、イズナーのサービスを破ってポイント3-5まで追い上げるが、イズナーにサービスエースを決められてポイント3-6とセットポイントを握られた。アンダーソンはサービスゲームをキープしてポイント5-6としたが、最後はイズナーのサービスエースが決まり、第2セットは6(5)-7でイズナーに奪われた。

試合は先に3セットを先取した方が勝利の5セットマッチ。現在第3セットに進んでいる。

(テニスデイリー編集部)

※写真は現在対戦中のアンダーソン
(Photo by Matthew Stockman/Getty Images)

(c)テニスデイリー

最終更新:7/13(金) 23:11
THE TENNIS DAILY