ここから本文です

トヨタ、新型「スープラ」プロトタイプがグッドウッド・フェスティバルで走行。直列6気筒のエンジンサウンドを披露

7/13(金) 9:22配信

Impress Watch

 トヨタ自動車が2019年前半に市販予定の新型「スープラ」のプロトタイプが7月12日(現地時間)、英国グッドウッド・フェスティバル(現地時間:7月12日~15日開催)で走行を披露した。トヨタヨーロッパのTwitterでは走行動画とレーシングスーツを着た開発責任者の多田哲哉氏の姿を公開している。

【この記事に関する別の画像を見る】

 トヨタヨーロッパのWebサイトによると、新型スープラは直列6気筒エンジンをフロントに搭載して後輪をドライブするFRを採用。グッドウッド・フェスティバルには、新型スープラのプロトタイプとともに、開発責任者の多田哲哉氏とマスタードライバーのHerwig Daenens氏が登場することが予告されていた。

 トヨタヨーロッパのTwitterの投稿を確認すると、新型「スープラ」のプロトタイプがカモフラージュ姿で登場。グッドウッド・フェスティバルのコースを直列6気筒のエンジンサウンドを響かせて走行する動画を公開している。

#ToyotaSupra https://t.co/AES20FaC5Y

― Toyota Europe (@toyota_europe) 2018年7月12日

Chief Engineer Tetsuya Tada at @fosgoodwood with the new #ToyotaSupra #A90 pic.twitter.com/rEEIIgiFbb

― Toyota Europe (@toyota_europe) 2018年7月12日

【お詫びと訂正】記事初出時、多田哲哉氏のお名前の表記に誤りがありました。お詫びして訂正させていただきます。

Car Watch,編集部:椿山和雄

最終更新:7/13(金) 12:22
Impress Watch