ここから本文です

山中、世界戦でも“チャリ通”貫く!V2へ前日計量一発パス

7/13(金) 6:00配信

スポニチアネックス

 ◇WBO世界ミニマム級タイトルマッチ 王者・山中竜也《12回戦》同級3位ビック・サルダール(フィリピン)(2018年7月13日 神戸市立中央体育館)

 前日計量が12日に神戸市内で行われ、両者ともに一発パス。2度目の防衛戦となる王者・山中竜也(23=真正)は当日、自転車で会場入りする考えを明かした。神戸市内の自宅から会場までは約10分。途中で事故が起きる可能性はゼロではないが、山中は「普通でしょ?近かったらそうするでしょ?」と、2年間愛用する6段ギアの“ママチャリ”で乗り込むという。

 過去にも自転車通勤の経験はあるが世界戦では初めて。15キロの減量で体重をつくり「ホッとした」という王者が狙うのは、挑戦者が3年前に元2階級制覇王者・田中恒成(畑中)に打たれてKO負けしたボディー。「ボディーも練習したし、他もした。それを出すだけです」と語った。

あわせて読みたい