ここから本文です

南堀江に焼き肉店「KORAI GARDEN」  堺の老舗が大阪市内初出店 /大阪

7/13(金) 17:31配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 大阪・南堀江に6月20日、焼き肉店「KORAI GARDEN南堀江店」(大阪市西区南堀江4、TEL 06-6710-9222)がオープンした。(なんば経済新聞)

外観の様子

 1998年に堺市に1号店をオープンした「高麗ガーデン」の3店舗目。約20年間、韓国の一品料理も提供する焼き肉店として営業し、今回は初の大阪市内出店。今後の展開を見込み、店名の表記を英語に変更した。

 店舗面積は約165平方メートルで、席数は64席。2階建てで、1階は肉を調理する様子も見られるコの字型のカウンターが特徴。2階には川沿いに面したテラス席も。灰色を基調とした和モダンに仕上げた。

 メニューは約80種。目玉は、18年前から提供しているという「高麗ハラミ」(1,296円)は、「秘伝のタレ」に3日~4日漬け込んで、味を染み込ませている。当時の料理長が韓国の料理人に頼み込んで教えてもらったものだという。そのほか、「上ロースの焼きしゃぶ」(972円)など約30種の肉を用意する。

 ドリンクは約60種。中でも、韓国の蔚山(ウルサン)市名物の手造りマッコリ「ボクスンドガ」(ボトル=3,024円、グラス=648円)は、保存が難しいため置く店が少なく、目当てに来る人もいるという。

 客単価は約5,000円。住宅地に位置するため、現在は9割が地域の人だという。オーナーの井上鐘国さんは「ファミリー層に手が届く範囲の焼き肉店として展開している。地域にとって欠かせないような存在になれたら」と話す。

 営業時間は17時~24時。月曜定休。

みんなの経済新聞ネットワーク