ここから本文です

関塚氏が帰国 後任監督人事「一番、日本代表に適した方に」

7/13(金) 12:36配信

スポニチアネックス

 W杯ロシア大会を視察していた日本サッカー協会の関塚隆技術委員長(57)が13日、成田空港着の航空機で帰国した。W杯で日本代表を16強に導いた西野朗監督(63)の今月限りでの退任が決定済み。注目を集める後任人事について「サインするまでは、最後まで分からない。微妙なところなので。技術委員の方々の意見もしっかり聞いて、一番、日本代表に適した方にやっていただきたい。これからの4年間をどういう方向に持って行くのかも含めて進めていきたい。何も決まっている段階ではないので、ご理解いただきたい。何もお答えできない」と語った。

【写真】W杯決勝トーナメント1回戦のベルギー戦で指示を出す西野監督(右)と森保コーチ

 次期日本代表監督の人選は元ドイツ代表のユルゲン・クリンスマン氏(53)と水面下で進めていた交渉が決裂。技術委員には日本人を推す声が強く、U―21日本代表監督を務める森保一氏(49)の兼任が有力となっている。負担が大きいため、A代表に専念させるプランも浮上する中、関塚委員長は11日にモスクワ市内で田嶋幸三会長(60)と会談。「FIFA(国際サッカー連盟)のホテルで田嶋会長とお話した時に、会長はクリンスマン、マテウスらいろいろな方とも話をされていた」と明かし「会長には技術委員会のあり方も尊重していただいている」と強調した。

 次期監督は20日の技術委員会、26日の理事会を経て決定する見通しだ。新体制の初陣は9月7日の親善試合チリ戦(札幌)。田嶋会長は「契約だから長引くかもしれない。一番素晴しい人が長引くならそれは待たないといけないし、逆にポンポンポンといくようなら早くやればいい。そこは柔軟にやりたい。慌てるつもりはないが、ずるずると8、9月に遅らせる必要もない」と7月中の決着を目指している。