ここから本文です

ウィンクスが不動のトップ 宝塚記念Vのミッキーロケットは22位タイ…ロンジンワールドベストレースホースランキング

7/13(金) 12:38配信

スポーツ報知

 IFHA(国際競馬統括機関連盟)は、世界の主要レースを対象にした「ロンジンワールドベストレースホースランキング」を発表した。対象期間は今年1月1日から7月8日までで、新たに英ロイヤルアスコット開催の諸競走、エクリプスSなどが含まれ、120ポンド以上の32頭が掲載された。

 トップは変わらずウィンクスの130ポンド。ガンランナーも129ポンドで2位、クラックスマンとポエッツワードの2頭が125ポンドで3位タイとなった。クラックスマンに2馬身1/4差をつけてプリンスオブウェールズSを勝ったポエッツワードが新たにランクインした。

 5位タイにジャスティファイとウエストコーストの2頭が124ポンドで続き、7位タイもベンバトル、ハッピークラッパー、サンダースノー、トラピーズアーティストの4頭が123ポンドで、レーティングは変わらず、順位が1つずつ下がっている。

 ほかでは、コロネーションSを6馬身差で勝ったアルファセントーリ、エクリプスSを勝ったロアリングライオンが11位タイ(122ポンド)で新たにランキングに加わっている。

 また、日本調教馬は、2頭が掲載された。大阪杯を勝ったスワーヴリチャードが121ポンドで15位タイ、宝塚記念を勝ったミッキーロケットが新たに120ポンドで22位タイにランク付けされた。

最終更新:7/14(土) 8:18
スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ