ここから本文です

アニメ『ムヒョロジ』村瀬歩&林勇、ジャンプ作品に出演する喜びと緊張感

7/14(土) 10:00配信

オリコン

 BSスカパー!で8月3日、アニマックスで9月3日から放送がスタートするテレビアニメ『ムヒョとロージーの魔法律相談事務所』(以下、ムヒョロジ)。『週刊少年ジャンプ』(集英社)で2004年~2008年まで連載されていた同名漫画が原作で、主人公の六氷透(ムヒョ)役を声優の村瀬歩、草野次郎(ロージー)役を林勇が務める。過去に同じジャンプ漫画『ハイキュー!!』で共演のある2人に、同誌の作品に出演するプレッシャーや役作りについて聞いてみた。

【画像】メインキャラが大集合したアニメのキービジュアル

 2014年に放送されたテレビアニメ『ハイキュー!!』で、村瀬は主人公・日向翔陽役、林は田中龍之介役で共演していた。林は「『ジャンプ』は小さいころから読み続けている雑誌なのでその作品に携わることは心底、光栄なことだと思いました。『特別感』を感じないようにしても感じてしまうので、良い意味で特別視しないようにしようというメンタルは今思うとありましたね」と特別な緊張感があったことを打ち明ける。

 村瀬の方はというと『D.Gray-man HALLOW』でアレン・ウォーカー、『エルドライブ【elDLIVE】』で九ノ瀬宙太を務めるなど、今回でジャンプ作品への出演は4度目。「『ハイキュー!!』で初めて主演をやらせていただいたのですが、その時は『うわっ! ジャンプだ! やばー!!』みたいなことはありましたね。ジャンプ作品に携わるありがたさは毎回感じますが、今はプレッシャーは感じなくなりました。出飽きたってことではないですよ! 今後も集英社様とは手と手を組みあって行きたい所存です」と冗談をとばし、肩の力を抜いて臨んでいるようにみえた。

 また、「今思うと『ハイキュー!!』の出演が決まった時は、右も左もわからない状況でしたね。『ジャンプ』作品に出演するすごさ。あの時頑張ったおかげで、そこから『D.Gray-man HALLOW』『エルドライブ【elDLIVE】』に主演として出演して、今『ムヒョロジ』に繋がっているのではないかと思います。でもこれはジャンプ作品に限らず、すべての仕事に言えることです」と感慨深げに語っていた。

 ムヒョ役の村瀬に演じる上での難しさを聞くと「実は演じるまで声のイメージを掴むことができませんでした。オーディションに挑んだ時も、その時もしっくりこなかった。『どんな声なんだろムヒョ』みたいな」と苦戦したそう。「共演者の声やBGMなど色んな音があって、現場の相乗効果のなかで役作りをしてきました」と、その時々に生まれる空気を感じ取りながら役を作り上げていったという。

 一方、ロージーの役作りについて林は「気弱で泣き虫で、だけど人一倍優しい性格のキャラクター。ジャンプ作品の持つ仲間の絆や友情などもあるのですが、ムヒョロジは成長という部分がジャンプらしい一面を持っています。毎回毎回悪霊を裁くだけではないのですが、ロージーが思い悩みながらも考えて、少しずつ成長し自信を付けていく。この部分に微妙な変化をつけながら、演じています」とキャラクターの成長に気をつけていると語った。

 林いわく、作品の魅力は「ダークファンタジーで、幽霊によって色んなドラマがあるところ」だそう。「重めの理由でその場に住み着いちゃうとか。劇中には悲しい過去を背負っていたりする霊がたくさん出てきて、そういった霊は魔法律で裁かれることになります。“裁かれる”という表現が正しくはあるんですが、裁きの中にも霊が救われる部分も存在しているので、そこが作品の見どころだと思いますし、観てほしいです」とアピールした。

 最後に、タイトルにある「相談」にちなみ、今仕事で悩みはないのか聞いてみたが、村瀬は「悩みはないですね」と即答。「林さんと日常的に会って話したりしているので、現場で難しいことがあってもすぐ周りの先輩などに聞く。林さんは信頼できますし、技術的なところは色々とアドバイスをいただいているので、悩みはないですね」と頼りになる先輩がいることが、悩みがない理由だと明かす。

 林は「自分もその時思ったことをその場で言ってしまうので、それをひとつひとつ切り取ると、それが悩みになるのかも知れないです。半年くらい前の悩みなのですが、お酒を飲んだら次の日に体に残っている感じがひどかったので、人間ドックに行ったんですよ。医者に対処方法を聞いたら、肝機能などの数値に問題がなかったからなのか『歳のせいですよ』とストレートに言われました」と頭をかいた。一方で「現場の雰囲気が良いので、ジャンプ作品についてトークしたり、一人で孤立している方もいない。普段の会話でストレスとかを解消できているのかも知れません」と話し、2人とも充実の心持ちで人気作の主演に挑んでいる真っ最中だ。

 アニメは、BSスカパー!で8月3日午後9時30分から、アニマックスで9月3日午後7時から放送開始(9月2日午後1時30分からアニメ制作の裏側を追った30分のメイキング番組も放送)

(C)西義之/集英社・ムヒョロジ製作委員会

最終更新:7/15(日) 17:25
オリコン