ここから本文です

三連休の天気 週末は体温を上回るような猛烈な暑さ

7/13(金) 5:51配信

ウェザーニュース

 関東甲信や北陸から西では梅雨明けが発表され、各地で夏を迎えています。梅雨末期の豪雨に見舞われた地域でも、真夏の暑さや天気急変などが心配。

 14日(土)からの3連休はこの夏でも一番暑い週末になるかもしれません。

西・東日本は広く猛暑対策が必須

 14日(土)からの3連休は、西・東日本を中心に危険な暑さになりそうです。

 日本列島の上空1500m付近には、20℃以上の非常に暖かな空気が流れ込みます。高気圧に覆われて強い日差しが照りつけ、広い範囲で35℃以上の猛暑日となりそうです。

 高気圧の中心が中国・四国付近に移動することで、東海エリアは山越えの風となり、特に気温が上昇。40℃に近づくところがあるかもしれません。

 また、連休終盤になると、上空の寒気や湿った空気の影響で、再び大気の状態が不安定になります。16日(月・祝)は東日本の内陸部を中心に、西日本まで含め所々でニワカ雨や雷雨が起きやすくなるため、お出かけの際は傘があると安心です。

豪雨災害エリアはより一層の注意を

 豪雨災害に見舞われたエリアも、晴れて厳しい暑さ。特に連休初日は、広島で37℃、倉敷でも36℃まで上がる予想です。

 引き続き復旧作業をされる方、連休を利用してボランティアで現地に入る方などいるかと思います。復旧作業はたいへんな重労働ですので、いつも以上に熱中症に警戒が必要です。こまめな水分・塩分補給、休憩するなど対策を心がけ、自身の健康状態を考慮しつつ、作業を行うようにしてください。

 また、食品の衛生管理などにも注意が必要です。

北日本はスッキリしない空

 梅雨前線や湿った空気の影響で、北日本は曇りや雨の日が多くなります。

 北海道では、特に15日(日)は雨が強まる可能性もあるため、最新情報に留意してください。

ウェザーニュース