ここから本文です

【ツール・ド・フランス2018 第6ステージ結果速報】ダニエル・マーティンがブルターニュの壁を制す!ドュムラン、バルデはタイムを失う

7/13(金) 6:10配信

J SPORTS

Cycle*2018 ツール・ド・フランス 第6ステージハイライト

ツール・ド・フランス第6ステージは自転車に熱狂する港町ブレストからゲルレダンのミュール・ド・ブルターニュを2回登る181km、ファーストアタックで地元出身のローラン・ピション(チーム フォルテュネオ・サムシック)を含む5選手が逃げを決めた。

オリヴィエ・ルガック(グルパマ・エフデジ)やピションが地元の大声援を受ける時間もあり、先頭グループとメイン集団のタイム差は最大7分以上ひらくのんびりとした序盤。ディオン・スミス(ワンティ・グループゴペール)が3級、4級山岳ポイントを先頭通過したものの山岳賞ジャージの奪還とはならなかった。残り距離108km地点でクイックステップフロアーズがペースを上げ横風を利用した分断作戦を決行、メイン集団が3つに分かれた。後続に取り残されたのはモヴィスター チームやアスタナ プロチーム、チーム カチューシャ・アルペシンなど。さらにチーム ロットNL・ユンボらは1分以上の差がひらき、ふたたび合流するまで30分以上強く踏み続けなければならなかった。

中間スプリントポイントのある135km地点で先頭グループはピションが先頭通過、約2分後方のメイン集団はアレクサンドル・クリストフ(UAEチームエミレーツ)、フェルナンド・ガビリア(クイックステップフロアーズ)、ペーター・サガン(ボーラ・ハンスグローエ)の順で通過した。残り距離40kmで先頭グループからダミアン・ゴーダン(ディレクトエネルジー)がアタック、10kmほど走った後で再び先頭グループに吸収されるも敢闘賞の獲得に成功した。

残り距離30kmを切りミュール・ド・ブルターニュに向けて各チームが隊列を組んで場所取り合戦を始めるとイヴ・ランパルト(クイックステップフロアーズ)、ヤコブ・フグルサング(アスタナ プロチーム)が立て続けに落車、リュディ・モラール(グルパマ・エフデジ)はメカニカルトラブルで集団から遅れた。1回目のミュール・ド・ブルターニュはトームス・スクウィンシュ(トレック・セガフレード)が先頭通過で山岳賞ジャージをキープ、メイン集団も特に争わずに淡々と登る。

1/4ページ

最終更新:7/13(金) 7:59
J SPORTS