ここから本文です

金曜日も暑さ継続 被災地は猛暑に警戒を

7/13(金) 5:49配信

ウェザーマップ

 13日(金)は東・西日本は暑さが続き、関東から九州にかけて35℃以上の猛暑日となるところがある見込み。午後は天気の急変に注意が必要となる。東北は午前中は雨、北海道は午後は一時的に強い雨に注意が必要だ。

暑さと天気急変に注意

 日本付近は、西日本に中心を持つ太平洋高気圧に覆われる。広い範囲で晴れて気温が上昇し、35℃以上の猛暑日となるところもある。厳しい暑さが続くため、熱中症などの健康管理に注意したい。東・西日本の内陸は気温の上がる午後は大気の状態が不安定となり、局地的に対流雲が発達するおそれがあるため、落雷や突風、短時間強雨に注意が必要だ。

 また、日本海と三陸沖にそれぞれ低気圧が発生する見込み。日本海の低気圧は北海道へ接近し、三陸沖の低気圧は発達しながら東北東へ進む。このため、北日本は大雨による土砂災害に警戒し、河川の増水に注意が必要となる。

被災地で最も気温が高く

 きょう13日(金)は、被災地周辺で厳しい暑さとなる。予想最高気温は岐阜は37℃と全国で最も気温が高くなる予想で、京都は36℃、岡山35℃、広島や高知は34℃、松山は33℃の見込み。避難所では体に熱が込もらないよう、濡れたタオルで首元を冷やすなど、出来る範囲での熱中症対策を心がけたい。
 また、食べ物が傷みやすくなるため、食中毒にも注意が必要となる。

13日の予想最高気温(前日差)
札幌 24℃(-3℃)平年並み
仙台 31℃(+3℃)真夏並み
新潟 29℃(+1℃)7月下旬並み
金沢 32℃(+2℃)真夏並み
東京 33℃(+3℃)真夏並み
名古屋 36℃(+2℃)真夏並み
大阪 34℃(+1℃)真夏並み
福岡 33℃(±0℃)真夏並み
那覇 31℃(±0℃)平年並み
(気象予報士・崎濱綾子 )

最終更新:7/13(金) 9:54
ウェザーマップ