ここから本文です

三菱 デリカD:5 ディーゼルの燃費を計測|クロカン系ミニバン「デリカD:5」の実燃費ってどのくらい!?

7/13(金) 11:18配信

オートックワン

三菱 デリカD:5 ディーゼル 実燃費レポート 結果まとめ

今回は三菱 デリカD:5 ディーゼルの燃費をテストする。デリカD:5は2007年のデビュー以来11年以上を経ても今なお人気のミニバン。テスト車のディーゼルモデルは2013年に追加された。走行モードによってディーゼルの得手不得手はあるのか、徹底検証する。

三菱 デリカD:5 ディーゼル 実燃費レポート|結果まとめはこちらから

【起用グレード】

今回起用したのは三菱 デリカD:5のディーゼルモデル。2018年5月マイナーチェンジ実施後の新型をテストした。試乗車は特別仕様車「JASPER(ジャスパー) ディーラーオプションパッケージ」(3,863,397円・消費税込/7インチWVGAディスプレイメモリーナビゲーションMMCS装着車)だ。

2018年5月に追加されたジャスパーは、これまでも先代のデリカスペースギアやデリカスターワゴンに度々設定されていた限定モデルの名称だが、デリカD:5ではこれが初の設定となる。主にアウトドアギアとしての性格を内外装の意匠で強調したモデルで、動力性能や燃費などの機能面では他グレードと大きく変わるところはない。またマイナーチェンジ自体もフロント周りの意匠変更が主な変更点のため、動力性能や燃費のスペック向上等も行われていない。

【燃費テスト概要】

デリカD:5は、ドライブモードセレクターを切り替えることで「2WD」(FF)と「4WDオート」、そして悪路走破用「4WDロック」の3つから選択することが出来る。今回は前後トルク配分機構を用いた電子制御4WDが作動する4WDオートモードを選択した点をまず先に明記しておきたい。

燃費テストは2018年6月5日(火)夜と6日(水)朝の2日間に分けて実施した。テストはドライバー1名(体重約85kg)で行う。

まず夜21時過ぎに都内をスタート。高速道路をテストした。外気温は都心で28度、東京湾海上にあるアクアライン海ほたるで26度、ゴール地点となる内陸の圏央道・茂原長南ICで20度と、移動する毎に変化があった。風は弱め、海上のアクアラインでも風速3m程度だった。そのまま郊外路テスト、さらに街乗りコースの一部を経て一旦終了。

翌朝6時より、通勤ラッシュで渋滞区間も含む一般道を通り、千葉から都心へと向かった。外気温は26度から28度前後で、昨晩同様に蒸し暑い日となった。クルマのエアコンはいつも通り25度・オート設定としている。

1/5ページ

最終更新:7/13(金) 11:18
オートックワン

Yahoo!ニュースからのお知らせ