ここから本文です

西日本豪雨 岡山県内死者59人に 災害ごみや交通渋滞など問題山積

7/13(金) 0:09配信

山陽新聞デジタル

 西日本豪雨による甚大な被害が出ている岡山県内で12日午後8時までに、新たに男性1人(年齢確認中)と性別不明の1人の遺体が見つかり、県内の死者は計59人となった。行方不明者はこれまでに生存が確認された人を除き、計25人となった。面積の3割が水没した倉敷市真備町地区では同日夜、停電が解消されるなど徐々に復旧へと向かい始めたが、膨大な量の災害ごみや交通渋滞など問題は山積している。

 県災害対策本部によると、遺体で見つかった男性は真備町地区で、もう1人は総社市内で発見された。死者は同地区で50人、総社市で4人となった。

 同本部は12日、遺族の同意が得られた死者について、氏名や年齢などの情報を13日から公表する方針を明らかにした。行方不明者に関する情報は11日から公表している。

 同本部のまとめでは、県内の避難所は前日から2カ所減の44カ所。避難者は約110人増の約3550人に上っている。多くは浸水被害が約4600棟とみられている真備町地区の住民という。断水は約1万6500戸で続いている。

 県全体の被害では、住宅関係は倉敷市で全容を把握できていない段階だが、全半壊・一部損壊計81棟、床上・床下浸水約1万840棟。3757世帯8735人に避難指示が出されている。土砂崩れなどによる道路の全面通行止めはピーク時から半数以上減って110カ所となっている。

 真備町地区では12日、自衛隊や警察、消防による行方不明者の捜索が、小田川両岸の農地や山すそなどで続けられた。国の制度に基づき大規模災害時に被災自治体の公衆衛生対策を支援する「災害時健康危機管理支援チーム」が全国で初めて派遣され、活動を始めた。

 中国電力岡山支社によると、被災後最大で約1700戸に上った同地区の停電は12日午後7時10分ごろ、全て復旧。このほか、水道管の破損箇所を確認する通水試験の区域が広がり、携帯電話の通信状況も改善されてきた。一方、道路沿いなどに出される災害ごみの量が増えている地区があり、通行する車の増加で渋滞も慢性化。週末・連休にかかる13日以降、住民やボランティアらによる復旧作業に支障が出ることも懸念されている。