ここから本文です

女優・河上英里子さん「被害の実情知って」、クイズで万引き被害防止訴え 県警、鶴ケ島でキャンペーン

7/13(金) 10:31配信

埼玉新聞

 万引の防止などを呼び掛ける「万引き防止週間」(7日~13日)に合わせ、県警は女優の河上英里子さんを「万引き被害防止メッセンジャー」に任命し、鶴ケ島市の商業施設「ワカバウォーク」でキャンペーン活動を行った。

女優・熊谷真実さん、寄居町ふるさと大使に 町内で撮影の映画に出演「寄居が大好き。物件を探していた」

 キャンペーンで河上さんは「社会全体で万引を許さない環境を作っていけるよう、皆さんにも被害の実情を知ってもらいたい」などと強調。万引被害の実態に関するクイズを出題して啓発したり、各店舗を回って被害防止を呼び掛けるポスターの掲示依頼をしたりした。

 県警生活安全総務課によると、昨年の万引認知件数は6981件で、前年より2・1%減少。一方で、全刑法犯に占める被害の割合は増加した。

最終更新:7/13(金) 10:31
埼玉新聞

Yahoo!ニュースからのお知らせ