ここから本文です

富士登山口の混雑や温度など見える化する新サービス、KDDIらが期間限定で設置

7/13(金) 15:20配信

トラベルボイス

KDDIとKDDI総合研究所、静岡県御殿場市と小山町は、富士山の開山期間である2018年7月10日~9月10日まで、富士山登山口の混雑や温湿度を見える化するサービス「ミエル フジトザン」を提供する。

富士登山口の御殿場口登下山道と須走口登下山道、宝永山馬の背にIoTを設置し、その地点の通過人数や温湿度をウェブ上でみられるようにしたもの。事前にその地点の混雑度合や気温などを把握できるようにすることで、スケジュールや服装の用意など、登山計画に役立てられるようにした。

このほか、御殿場口新五合目の「Mt. FUJI TRAIL STATION」では、当日の天候に関わらず、晴天時の美しい富士山を高品質な360度立体視映像で楽しめる望遠鏡型のVR(仮想現実)「VR View Scope」を設置。訪日外国人向けには、Mt. FUJI TRAIL STATIONのほか、「富士急小屋ハーフマウンテン」「御殿場市観光案内所」などで、フリーWiFiとともに「KDDI AI翻訳」と「KDDI TB通訳」、音声翻訳を搭載したタブレットを設置し、富士山を楽しめるコミュニティスペースを提供する。

トラベルボイス編集部

最終更新:7/13(金) 15:20
トラベルボイス

Yahoo!ニュースからのお知らせ