ここから本文です

シュウジ妹、良血ラミエル 芝短距離適性大/新馬戦

7/13(金) 9:13配信

日刊スポーツ

<新馬戦情報>

 土曜中京5R(芝1400メートル、14日)の牝馬限定新馬戦は良血馬ラミエル(橋口、父ジャスタウェイ)に注目だ。

 今週は坂路4ハロン55秒4-13秒6。4日にはCウッドで83秒4-12秒1をマークし、1勝馬のエンドレスコール(古馬500万)に先着した。松山騎手は「今週はさらっと追い切った。スタミナはある。できればきれいな馬場がいい」と、能力を感じている様子だった。

 父は国内外でG1・3勝。半兄シュウジは小倉2歳S、阪神Cと重賞2勝を挙げる。芝短距離への適性はかなり高そうだ。気性面も真面目で扱いやすく、前向き。橋口師は「スピードのある馬。走りがピッチ走法なので短いところがいい。追ったら反応するし、追い出すとスッと走る。1600メートルぐらいまでは持ちそう」と大きな期待を込める。

最終更新:7/14(土) 14:06
日刊スポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ