ここから本文です

御嶽海が単独トップ「流れる相撲」自画自賛の6連勝

7/13(金) 20:24配信

日刊スポーツ

<大相撲名古屋場所>◇6日目◇13日◇ドルフィンズアリーナ

 関脇御嶽海(25=出羽海)が、東前頭筆頭正代(26=時津風)を下して無傷の6連勝を飾った。その後、並走していた新大関栃ノ心が敗れて優勝争いで単独トップに立った。

【写真】押し出しで破る御嶽海

 流れるような相撲で正代を圧倒した。立ち合いですぐ左前みつを取って、頭を相手の胸につけた。右上手を取って投げを打ち、体勢を入れ替えて相手を土俵際に追い込むと、一気に押し出した。「流れるような相撲だった。いい動きだった」と自画自賛。左前みつについては「いろいろな展開を考えて」と、ここ最近3連敗中と苦手にしていた相手への対策の1つだった。

 まげを結い終わり支度部屋を出ようとすると、テレビに栃ノ心の取組直前の場面が映し出されていた。無言で栃ノ心の取組を見届けて、単独トップに立ったことについて報道陣から振られると「いいじゃん。おもしろくなってきたじゃん」とニヤリとした。

 鶴竜が休場して、3横綱全員が休場。大関陣にも全員土がつき、6日目とはいえ優勝争いの先頭に立った。師匠の出羽海親方(元前頭小城ノ花)が担当部長を務める名古屋場所での初優勝に向けて「盛り上げられたらいい。これからです」と気合を入れた。

最終更新:7/14(土) 3:44
日刊スポーツ