ここから本文です

セスクがフライング発表? 解任間近のコンテに別れの言葉「ありがとう、ミステル」

7/13(金) 7:47配信

ゲキサカ

 チェルシーを率いるアントニオ・コンテ監督の解任は確実なようだ。同クラブに所属する元スペイン代表MFセスク・ファブレガスが自身のツイッター(@cesc4official)で指揮官に別れを告げた。

 2016年夏にチェルシーの監督に就任したコンテ監督は、3バックを導入してクラブ新記録となる13連勝を達成するなど、2015-16シーズン10位に終わったクラブを立て直し、2年ぶりの優勝に導いた。しかし、連覇を期待された今シーズンは、成績不振やクラブ上層部との関係悪化し、シーズン途中から解任の噂が絶えなかった。

 しかし、コンテ監督の違約金に加え、新監督候補のマウリツィオ・サッリ氏に関して、ナポリが要求する契約解除金をチェルシー側が出し渋った影響もあり、コンテ監督の去就が不透明な状況のまま新シーズンに向けたトレーニングを指揮していた。

 それでも、チェルシーは2年間の契約が残るコンテ監督に違約金900万ポンド(約13億円)を支払って契約を解除した模様。サッリ氏の招へいを完了すべく動き出したと、英『スカイ・スポーツ』などが一斉に報じた。これを裏付けるように、セスクが指揮官に感謝のコメントを残している。

「プレミアリーグとFA杯のタイトルを獲得することができた。ありがとう、ミステル(監督)。自分を監督に認めさせるのはとても難しかったけど、最終的に監督が僕のことを誇りに思ってくれると嬉しい。今後の幸運を祈っています」

最終更新:7/13(金) 7:47
ゲキサカ

Yahoo!ニュースからのお知らせ