ここから本文です

豪雨災害の支援 和歌山からボランティアバスが出発

7/13(金) 12:44配信

関西テレビ

関西テレビ

西日本を中心とする豪雨災害の被災地への支援として、和歌山県からボランティア夜行バスが出発しました。

12日夜、和歌山市から西日本豪雨の被災地、広島県福山市へ夜行バスで向かうため、ボランティア20人が集まりました。

和歌山県では、ボランティア派遣を積極的に行う方針を示していて、福山市が13日からボランティアの受け入れを始めるのに合わせて、その前日に出発しました。

【ボランティアに参加した男性】
「微々たるものでも誰かがしなければならない。こうやって数の力で解決していく。ちょっとでも」

ボランティアへの参加費は無料で、13日の午前9時に福山市に到着し、建物の掃除などの活動をして、夜には帰る予定だということです。

担当者は今後も岡山県などに支援を広げたいと話しています。

関西テレビ

最終更新:7/13(金) 12:44
関西テレビ

Yahoo!ニュースからのお知らせ