ここから本文です

ベルギー指揮官がイングランドを警戒も、W杯過去最高位へ自信「最後に勝利を味わいたい」

7/14(土) 8:17配信

GOAL

ベルギー代表のロベルト・マルティネス監督は、同国のワールドカップ最高位を目指したいとイングランド代表戦に向けて意気込みを語った。

10日に行われたワールドカップ準決勝でベルギー代表はフランス代表と対戦。しかし、サミュエル・ウムティティに1点を奪われ、そのビハインドを最後まで取り返せず、0-1で敗れ初の決勝進出には手が届かなかった。

そして、14日にイングランド代表と3位の座を懸け、対戦するベルギー代表。同チームはワールドカップでの最高位が1986年メキシコ大会での4位。同国史上初となるワールドカップでのメダル獲得に向け、ベストメンバーで臨みたいとマルティネス監督は話した。

「我々は勝利を望んでいる。最後の試合を戦った後の感情とともに大会を終えることになるから、このように自覚することが大切だ。ロシアに着いたのが6月13日だったから、丸々1カ月間ここで練習を積んできた。これはとても素晴らしい経験になった」

「勝ってこの大会を終わりたいとイングランドも同様に思っているはずだ。両チームにとってワールドカップでの7試合はサクセスストーリーになったと思うが、ベルギーの全員がワールドカップの最後に勝利を味わうべきだと私は考えている」

グループリーグ最終戦でベルギー代表はイングランド代表と対戦し、マルティネス監督率いるチームは両チームともに大幅にメンバーを入れ替えた一戦を1-0で制した。しかし、14日の再戦を前に同指揮官は「戦術的な試合になるだろう。両チームの間に隠し事は何もない」と警戒感をあらわにしている。

「彼らがここまで勝ち上がってきた理由は明確だ。とてもダイナミックで、俊敏だ。それにセットプレーからも大量に得点を挙げている。5-3-2のシステムも非常に良く機能しているから、我々はこれを打ち破らなければならない」

GOAL

最終更新:7/14(土) 8:18
GOAL