ここから本文です

豪雨で鉄橋流失から1年 JR久大線が全線復旧 ゆふいんの森号が正規ルート運行 福岡・大分 

7/14(土) 12:00配信

TNCテレビ西日本

テレビ西日本

(最終更新:7/14 18:30)

去年7月の九州北部豪雨で一部の区間が不通となっていたJR久大線が1年ぶりに全線で運転を再開しました。

運転再開を記念して、JR博多駅で福岡県の小川洋知事やJR九州の青柳社長などが出席して特急「ゆふいんの森」の出発式が行われました。

久大線は去年7月の九州北部豪雨で、大分県日田市の花月川にかかる鉄橋が流され不通となり、ゆふいんの森は小倉駅をまわるルートで運行されていました。

およそ1年間かけて鉄橋のかけかえ工事が行われ、不通区間が解消したため、14日から正規ルートの運行に戻りました。

また運行再開を祝って、沿線では列車の通過に合わせて風船を上げるイベントも行われました。

関係者は「復旧をきっかけに観光客の増加につなげたい」と話していました。

テレビ西日本

最終更新:7/14(土) 23:55
TNCテレビ西日本