ここから本文です

初盆の家に太鼓や舞い 遠州大念仏

7/14(土) 7:29配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 浜松市指定無形民俗文化財の盆行事「遠州大念仏」が13日夜、同市内を中心に始まった。初盆を迎えた家庭で太鼓やかねの音が響き、遺族や地元住民が夏の風物詩に感じ入った。

 同市浜北区の平口桔梗組(高田八郎組頭)は、同区などの3軒を回った。中学生から70代までの約30人がかさに装束、足袋の格好で笛とかねを鳴らし、はやしに合わせて舞いながら太鼓をたたいた。

 遠州大念仏保存会によると、大念仏を行うのは約50組。後継者不足で減少傾向という。遠州大念仏を紹介する同市中区の犀ケ崖資料館で披露される恒例行事は、15日午後7時ごろから2組が行う。

静岡新聞社