ここから本文です

「良い形で大会を締めくくりたい」イングランド指揮官が“ガチンコ”でベルギー戦に臨むと明言

7/14(土) 10:01配信

GOAL

イングランド代表のギャレス・サウスゲート監督は、これまでの試合と大きくメンバーを入れ替えることをせず3位決定戦ベルギー戦に臨むと話した。

11日に行われたワールドカップ準決勝で延長戦の末にクロアチア代表に1-2で敗れたイングランド代表。1966年の自国開催以来となる決勝進出を逃したものの、28年前には叶わなかった3位を目指して14日にベルギー代表との3位決定戦を迎える。

6月28日のグループリーグ最終節で対戦した両国。この時は両チームともすでにノックアウトステージ出場を決めており、大幅にメンバーを変更して戦い、ベルギー代表が1-0でイングランド代表を下していた。しかし、14日の試合ではできる限りのメンバーで挑むとサウスゲート監督は前日会見で明かした。

「全員が試合に出ることを望んでいるが、エネルギーのない選手を起用することは良い決断ではない。(準決勝と)同じ11人にはならないとは思うが、できる限り数人の変更に留めたい。この試合で良いパフォーマンスを見せることを望んでいる。これまで1回しかできていないワールドカップでメダルを受け取れるチャンスが目の前にあるんだ」

「我々は1回ベルギーに敗れているからこの試合に対するモチベーションがある。ここ数日は精神的に難しい時を過ごしたが、エネルギーと信念を持つ選手たちは喜んで戦いの準備を進めている。良い形でこの大会を締めくくりたい」

GOAL

最終更新:7/14(土) 10:01
GOAL

あわせて読みたい