ここから本文です

<田んぼアート>水田にローマの休日名シーンや手塚キャラ 田舎館で今年も見頃

7/14(土) 9:20配信

河北新報

 青森県田舎館村の「田んぼアート」が今年も見頃を迎えた。つがるロマンなど計11品種9色の稲で表現された2作品が、キャンバスに見立てた水田を鮮やかに彩っている。

【田んぼアート】今年のテーマは「ローマの休日」と手塚キャラ 青森・田舎館

 村役場前の第1会場(約1.5ヘクタール)は映画「ローマの休日」がテーマ。オードリー・ヘプバーンとグレゴリー・ペックがスクーターで街を駆ける場面と、2人が「真実の口」の前で抱き合う場面を再現した。

 道の駅いなかだて「弥生の里」前の第2会場(約1ヘクタール)には、漫画家手塚治虫の生誕90周年を記念し鉄腕アトムやブラックジャックなど名キャラクターが登場した。

 訪れた秋田市の無職高橋政義さん(69)は「再現度が非常に高くて驚いた。同様の田んぼアートを各地で見てきたが、ここは別格だね」と話した。

 見頃は8月中旬まで。両会場とも近くの展望台から眺めることができる。10月8日まで。営業時間は午前9時~午後5時。

最終更新:7/14(土) 13:55
河北新報