ここから本文です

トヨタ スープラ 新型、運転席を独占スクープ! シフトまわりはBMW風?

7/14(土) 8:00配信

レスポンス

市販型プロトタイプがついに公開された新型トヨタ『スープラ』だが、未だ明かされないそのコックピットを激写することに成功した。センタークラスタに備わった大型ディスプレイを、初めて完全な形で捉えた。

[関連写真]

大部分は隠されているものの、大型インフォテイメント・ディスプレイ、スクエア基調のエアコン吹き出し口、パドルシフトを備える革巻きマルチファンクション・ステアリングホイールが確認できる。

さらに注目なのが、センターコンソールの“BMW風”縦型シフトノブとコマンドダイヤルだ。新型スープラはBMWとの共同開発となり、新型『Z4』の兄弟車となることは既報の通りだが、シフトまわりをはじめ、インテリアにはBMWのテイストがかなり反映されるようだ。いずれにせよ、完成度から見てこれが市販型コックピットで間違いないだろう。

直6が搭載されること以外、正式な発表がされないパワートレインは、デュアルクラッチ・トランスミッションと組み合わされる2種類の2リットル直列4気筒エンジンをラインアップ。またトップモデルは、3リットル直列6気筒オーバーブースト付きターボエンジンを設定。最高出力は、下から200ps、250ps、そして340psが予想されている。

「グッドウッドフェスティバルオブスピード2018」で公開されたのは、市販型プロトタイプのエクステリアのみ。正式な市販型は、2019年以降のモーターショーでのワールドプレミアが予想されている。



《レスポンス 子俣有司@Spyder7》

最終更新:7/14(土) 8:00
レスポンス