ここから本文です

曳山練りまちに熱気 氷見で祇園祭り始まる

7/14(土) 12:39配信

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

 氷見市の夏を彩る「祇園(ぎおん)祭り」が13日、市中心部で始まった。多くの露店が並んだ通りにちょうちんで彩られた曳山(ひきやま)が繰り出し、大勢の市民が祭りの熱気に身を浸した。

 午後7時から日吉神社で神事が営まれた後、祇園の神霊が移されたみこしと太鼓台が「イヤサー」の掛け声と共にまちに繰り出し、優雅な笛や勇ましい太鼓の音を響かせた。中心街では高さ5メートルほどある南上町のちょうちん山が巡行したほか、御座(ござ)町のちょうちん山も通りに並び、彩りを添えた。

 14日は本祭りがあり、各町の花山のほか旧南11町と旧北6町の太鼓台が繰り出す。氷見市は同日を前年から「ふるさと氷見に親しむ日」に指定しており、親子見学会やお話し会を開く。

 祇園祭は江戸時代に疫病が流行し、旧御座町の住民が京都・八坂神社の祇園祭の分霊を迎え祈願したところ、病が収まり、感謝のみこしを巡行したことが起源とされている。

あわせて読みたい